紫イペ(学名 タベブイア・アベラネダエ)は、南米一帯に自生する広葉樹です。 地域によって、タヒボ、ラパチョ、パウダルコ等の名前で呼ばれています。
古代インカの時代から、アマゾンの原住民に「神からの恵みの木」と尊称され、 病気治療に伝承されてきました。約40年前、 ブラジルの新聞やマスコミでガン・白血病に効くと話題になったことがあります。


紫イペから抽出された成分「ラパコール」に強い抗がん作用があると、 大きな話題になりましたが、副作用が強いという理由で、研究が中断されました。
しかし、不思議なことに抽出成分でなく「紫イペ全体」なら 副作用が無いことが、日本での研究の結果、判明しました。
日本でも、大手商社や大手製薬会社が、紫イペ(タヒボ)の調査研究をしましたが、 人工栽培が不可能で、また、30年以上自生していないと効果が無いので、 原料確保が困難という理由で研究が中止になりました。
大手企業が取り扱わないので、知名度がありませんが、日本での基礎研究、 臨床研究の結果、ガンに効果があることが証明されつつあります
体験談では、ガンだけでなく難病にも効果があったと報告されています。

「紫イペ商品」の正しい選び方

「アマゾン川流域で採取された紫イペが最高級品

「紫イペ」は、南米一帯に自生しています。
1番効果が高いのは、アマゾン川流域に自生している「紫イペ」です。
「紫イペ」、「タヒボ」「ラパチョ」「パウダルコ」という商品名で、日本で販売されている商品は、日本の原料会社で「紫イペ」を仕入れ、商品化した会社が多いのが事実です。

アマゾン川流域で自生した「紫イペ」かどうか確認が大事。
ほとんどの会社は、「原産地はアマゾン川流域」と表記しています。
信頼のできる会社を選びましょう。

安全性、信頼性が、証明されているか。

信頼できる研究機関で、紫イペの安全性を検証した会社の商品を選びましょう。

日本の医療機関(大学病院等)で研究しているか。

信頼できる医療機関で研究している会社は数社です。
その他の会社は、研究している会社の研究成果を自社の研究成果のように見せかけています。その会社が研究したデータかどうかをチェックしましょう。

豊富な真実の体験談を持っているか。

他社の研究資料や体験談を無断で使用している会社が多いので気をつけましょう。

値段が安いだけで選ぶのは危険

同じ紫イペ(タヒボ)商品でも、会社が違うと値段が違います。
どの商品でも、品質の良い商品は高価です。高価な商品には、 それなりの理由があります。実績のある会社の商品を選びましょう。

アマゾン川流域で30年以上自生した「紫イペ」を

「紫イペ」は、原産地で品質と効能効果が大きく異なります。 すべての会社が、紫イペの原産地をアマゾン川流域と言っていますが、事実は違うようです。 ほとんどの会社の商品(紫イペ・タヒボ)は、アマゾン川流域の南部で採取されています。 原産地を確認することが重要です。

  • 紫イペとは
  • 闘病記
  • 学術研究
  • 紫イペが紹介されたもの
  • 雑誌・新聞
  • 書籍
  • 文献
  • リンク集
  • サイトマップ
  • お問い合わせ